無意識を味方にする

今日はちょっと手前味噌な話になると思います。

そろそろ人事異動の季節ですね。また1年間の結果が出たりする時期でもあると思います。

コーチングを続けてくださるお客様から、「こうなったよ!」という報告をいくつかいただいているのですが

無理だと思っていた異動が叶ったよ、というお話が、なぜだかたくさん。

(ついでに、お仕事が決まった、契約が決まった、などのご報告も続いています)

これをコーチング的に解説してみます。

 

ここでもよく「他人事」を自分で動かすことは難しい(から「自分ごと」として考えましょう)と書いていますが

人事って、ある段階からは「他人事」ですよね。

自分で決められるものではなく、他との関わりによって基本的には他人が決めます。

自分でできることは、異動願を出すこと、日頃の仕事を頑張って評価を上げること(もしくは逆もあり?)、

そんなところでしょうか。

それくらいだな、なんて思ってしまって、あとは祈るように過ごしている方も多いと思います。

 

これに加えて、無意識も動員してしまうといいでしょう。

なぜなら

無意識に刻まれていることに向かって、人間は変化して行動するからです。

 

人事の場合なら、

「わたしは異動する」「わたしは○○部へ異動する」「4月にはこの部屋にいないんだなあ」なんて

無意識の未来地図に刻み込むのです。

「いや、きっと無理だから・・・」なんて思ってしまうと、

無意識のうちに「無理」に向かって進んでしまうんです。

そんなの、いやですよねえ。

少なくとも自分の無意識には、「異動する」と刻んでおきましょう。

 

それが人事の人にどう影響するのか。

無意識の仕業なので、意識してさらに言語化することはできませんが

「集団的無意識」というのもありますよね。

偶然の一致、などという言葉で表現される事象です。

離れた場所にいる人が、情報のやりとりなしに同じ行動をしていた、なんて事象です。

同じ会社の人ですから、さもありなん。

 

こんな雲を掴むような話も織り交ぜつつ、コーチングを使ってなりたい自分になりましょう。

無意識は味方です。

おためしコーチングも受付中です!

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA