人生に「ドラマティックな展開」は必要か

人はそれぞれの物語を生きている、のですか?

物語であらわしている内容は人によって違うでしょうし、なんとなくかっこいい雰囲気がしますけれど、

いわゆる「ドラマティックな展開」なしに、望み通りの人生になる方がいいんじゃないかなーと思っています。

 

苦労の後の栄光、とか

苦しんだ末の安らぎ、とか

どん底からの幸せ、とか

 

前段はなくても良くないですか?

逆はもっと嫌ですよね(栄光の後の苦労、とかね)。

 

もちろん、これが必要な人もいると思います。

これから売れたい人とか、バズりたい人とか?

波乱万丈、落差が大きい方がいい、と言われますよね。

それは否定しません。

でも、バズりが必要ない人の方が多いのではないかなと思うのです。

 

コーチングは、もしかすると「人生の物語」つまり波乱万丈を減らすかもしれません。

下落がなくなる。上昇を望むなら上昇を、いい変化を望むならいい変化を。

こういう話は、他人が聞いてもおもしろくないでしょうね。

でも、他人の「おもしろ」のために、あなたが生きているわけではないのですから。

 

なので、ある程度の地位を確立されたエグゼクティブの方などは

コーチをつけることにためらいがないのかな、と思いました。

 

桜もひと息。新年度最初の週、おつかれさまでした!

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA