効果的にインプットする(自分事編)

セミナーとか研修とか、受けていても身についていないことも多いですよね、という話が昨日でした。

ちゃんと「できるようにしたい」というセミナーかどうかを選びましょうね、と

ある意味他人事の話をしましたが、今日は自分事。

受け手としてどうしたら身に付きやすいかな、という話をしましょう。

 

映画でも漫画でも、美術作品を鑑賞するときなどもそうですが

「どれ、批判してやろう」「アラを探してやろう」と無意識にでも思っていると

その作品の至らない部分ばかりが気になってしまいます。

そんな見方は、きっと「おもしろかった!」「たのしかった!」にはつながらないでしょう。

(もちろん批判がお仕事だったり、間違い探しの役割がある人は別の話ですよ)

脳の仕組みから言うと、たのしむために鑑賞するならば「たのしむぞ!」と思って臨む方がいいですよ。

 

同じように、セミナーやら研修やらも

批評してやろう、どれどれお手並み拝見だ、どうせ役に立たない、きっとできない、

そんなことを思っていると、どうしても脳はその部分を探して(そして自分を肯定して)しまいます。

ね、やっぱりできないでしょ?と思いたいわけではないならば

できるようになるぞー!って思いながら受講する方がいいです。

そう思っても、なんだかやっぱりイマイチだな、という場合には

反面教師にでもして、何かヒントをつかんで自分でやってみましょう。

イマイチだなー、で終わってしまうともったいないですからね。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, オンライン, オンラインコーチング, つよつよ, つよつよメンタル, つよつよメンタルコーチ, つよつよメソッド, つよつよレッスン,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA