お笑いライブで考えた中小企業の組織改革の話

会社でもタレントさんなどでも同じだと思うのですけれど、会社で考えてみましょうか。

役職が上がると管理する仕事になってしまう、というのは

結構日本的には一般的な人事で、特に技術系の方は嫌がる方が多いですよね。

結果、技術で生きていきたい人の役職は上がらず(ご本人が上げようとせず)(ということは賃金も上がらず)

逆に昇進したいから昇進ルートに乗ったけれど

管理に向いていない人がマネージメントする、みたいなことが起こります。

どの方向を向いても、あまり幸せなことではありません。

 

タレントさん(お笑い芸人さん)だと

抜群におもしろい人がシン(歌舞伎でいう主役。ここでは冠番組とか司会とかかな)に向いているかというと

必ずしもそうではないですよね。

爆笑を取ることと、「いい場」を作ることは、必ずしもイコールではありません。

(もちろん両方できる方もおられます)

 

そういえば

俳優の大泉洋さんが「自分にバイプレイヤーは無理だから主役になれるように頑張った」とおっしゃっていましたが

これも、同じような話。

脇役だから格下だ、というわけではないことが分かりますよね。

 

ということを、昨日の「特命ぺこぱ」お笑いライブを会場で見ながら思っていました。

 

ぺこぱのおふたりは、どんな中でも目立って大爆笑をとるようなタイプではなく、

つまり、ひな壇で目立つタイプではないと思います。

だから、その他大勢でいるよりも

自分の場を作る(司会や冠番組)、またはちゃんとしたゲストとして出演することによって

光る感じなのかなと思いました。(大泉洋さんタイプですね)

それを「ひな壇」的な部分で評価されるのだとしたら、あまりにももったいないですよね(視聴者の私たちにとっても)。

ぺこぱのおふたりは特に、場づくりのセンスに優れておられるように感じます。

もっといろんな番組を作っていっていただきたいです。

ネタにもなっていた、朝の番組にも向いておられるのでは?)

 

で、何が言いたいかといいますと

これを広く「芸能界」「超巨大企業」「日本」とかでやるのはなかなか大変ですが

小さい組織、さらに自分の会社でやる、ということは、そんなに難しいことではありません。

コーチはプロファイリングのようなテクニックを使って

会社をレントゲンのように見て、組織づくりのお手伝いをいたします。

 

中小企業(の特にオーナー)社長さまにとっては簡単なことです。

実際、お手伝いをさせていただいて、ぐんぐんいい感じに伸びている会社もありますので

お?と思われたら、ぜひお問い合わせくださいね。

 

_____

『つよつよメンタルで人生は思い通り』三木未希

電子書籍もあります!

  • 出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/10/8
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 208ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4041119189
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4041119181
  • 目次など詳細はこちら。

 

【掲載情報】
ダ・ヴィンチニュースわくわくできる人生を送りたい人必見! 「つよつよメンタル」で幸せを掴む方法月乃雫さんによるレビュー(2021.10.20)

・bizSPA!フレッシュ「なりたい自分になるには…頑張らなくても行動ができる3つの方法」(2021.10.19)
Yahoo!ニュース  楽天infoseek ニュース に転載されました(記事にリンクしています)
その他メディアは確認中です。

・bizSPA!フレッシュ「メンタルが弱いと嘆く前に…「言葉遣い」から人生を変える方法」(2021.10.16)
Yahoo!ニュース  楽天infoseek ニュース に転載されました(記事にリンクしています)
LINEニュース  スマートニュース  グノシー にも転載されています(それぞれのアプリ等から検索してください)

 

【KADOKAWAのプレスリリース】
2021.10.8
『つよつよメンタルで人生は思い通り』、好きなように人生を歩める、人気パーソナルコーチの技術が結集した1冊! 本日発売!!

 

愛を感じるライブでしたよ!関係者の皆様、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA