モメンタムとコーチングの親和性

今週はアーカイブを再編集してお届けします。

元記事はこちら

モメンタムとコーチ

もめんたむ?

最近ちょこちょこ目にする「モメンタム」という言葉。なんだろうと調べてみますと、もともとは金融の用語みたいですね。

私が目にしたのは、前向き、進んでいる感じ、変化を感じる、できそう、みたいなニュアンスで

これって「つよつよメンタル™️」と同じだなあと思った次第です。

 

まず人は「できそう」と思わないとやらないものです。

「できそう」と思うと、できるように勝手に脳が動きます(脳が動くと体も動く=やる)。

 

これは「できる、できる、俺はできる」なんて唱えても、そう信じ込もうとしてもできません。

アプローチとしては

何をやるかを可視化する、とりあえずやってみる、できたことだけに注目してやる

の繰り返しで、いわゆる成功体験とも言えますが

「やったーできたー」「やっぱりそうか」「世の中って捨てたもんじゃない」

と思い続けるために、実際に手を(体を)動かすことが大事です。

 

そして「やる」ための邪魔者(自分自身の思い込み、周りの環境への対応)に対応するのがコーチングです。

 

これを繰り返すことによって「自信」が生まれます。そう、大体はそうなんですが

実際にできている、周りも「すごいね」とか言ってくれる、でも自信がないという状態もよくありますよね。

そういう時もコーチングでアプローチできます。

みんなすばらしいのに、しょんぼりしてるのって逆にわたしが悲しいのです。

 

コーチのわたしは、ひとりひとりにこういうアプローチを提供して

モメンタムな人が増えると、いい世の中になるなあと思っています。

 

モメンタムあふれたい(ちょっと変な言葉ですけど)人のお役に立つコーチングを

これからもやっていきます。

 

 

 

noteもご覧ください

ーーー

三木 未希のコーチングについてはこちらのページを

書籍情報はこちら「つよつよメンタルで人生は思い通り(KADOKAWA)」

三木 未希のプロフィールはこちらから

メディア情報はこちら

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA