お金のはなし

最近インターネットでこんなフレーズを見つけました

 

迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめとけ

 

ほほーう、と思われた方も、いますか?
これは「自己投資における好きなフレーズ」ということで紹介されていました。

 

確かに、自己投資とまで言えなくても、日常ではないお買い物では

「高いからやめておこう」

「安いから買っておこう」

「安い方を買っておこう」

自分の経験から、これらはどれも、あまり良い結果にならないような気がします。

 

お値段が高いから欲しくなくなるようなものは、もともと自分には必要のないもの

お安いから、と手に取ってしまうようなものは、自分には見合わないもの

 

そういうことかなあ、と思いました。

 

と、書きながらこんなことを。

おそらく日本で一番きらきらしているデパートにお店を持つ知人が
「うちの商品はお値段が安すぎて売れないの」
と言ったことを思い出しました。
モノは、お隣のブランドに負けないのですが‥‥(自社製造なのでコストが安いのです)
どういうことかと聞くと、
「いくら品質とデザインが良くても、こんな安い(例えば)バッグ、買わ(え)ないわ」
というお客様が多いらしいです。
今は、そのデパートだけ素材のグレードを上げたりして高額商品を揃えています。
(だからやっぱり、モノで見たらお隣よりお得なのです)

これもまた、面白い話ですね。

 

とかくお金にまつわる思い込みは根深いもので。

それを知って、それを変えたら自分はもっと自然にのびのびできるなあ、と思ったら

それは、コーチングで変化できますよ。

日本ではお金の話をすることに抵抗を持つ人が多いけれど

夢に手足をつけるときに、お金が必要ない、ということはあまりなくて。

コーチはあなたを評価しませんし、常に共感しますから

コーチングの中で、お金の話になることも、多いです。

 


写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング

初夏ですねえ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA