わたしは、いらんなあ

自分がなにを大切にしているのかを知ることが大切

という話を、このブログではつらつらつらつらとしつこく書いているのですが

わたしは今とある(ある意味の)修行中でして(成果は順次お知らせします)

入ってくる情報、探して得た情報を、価値観を軸に整理している最中です。

自分の軸が、ぐんぐん透明になってうれしいので

コーチングを受ける方にも、ご希望があれば、ご提供しますね。

 

そんな中で、ああわたしとは違うわ、ということがひとつニュースに。

中国版の変なホテルをアリババがオープン ロボットや最新技術を活用

一応、技術のお手伝いを仕事にしていた(している?)ので

アンテナは張っているつもりなんですけれど、善かれ悪しかれ、好みが強いんです。

技術は人の「幸せ」のために使いたい。

一時の「おもしろ」「目新しさ」には、わたしはあまり、興味はないかなあ、と。

この場合の終着点は

お値段がお安いよ、とか、IoTを使った快適さを追求したよ、とか

そっち側に振れてほしいです。

無人でチェックインできるよ、とか、荷物はロボットが運ぶよ、とか、顔認証だよ、とか

わたしは、いらん(関西弁)なあと。

 

人の可能性を広げる、その人が輝くお手伝いをしている者として

2万円以上の宿泊費をお支払いするなら、気持ちのいい人によるサービスを受けたい。

至れり尽くせり、という意味ではなく、必要十分、という気持ちのいいサービス。

なんかずれているかなあ。

 


かわいい模様の写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング

古着のワンピース。手作りの仕立てのいいものなのですが

いかんせん、袖が短い。

作り直そうかなあ。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA