やっかいごとを片づける

生きていると、どうしても片づけないといけないやっかいごと、ありますよね。

コーチングでは「自分ごととして考える(わたしがどうするか)」が大前提ですが

たとえば法律とか、契約とか、お金とかは

どう寄せても「自分ごと」になりにくい場合もあります。

 

そんなとき、どうしますか?

 

無心でもくもくとやる、というのもひとつの方法ですよね。

 

おいこらコーチ、と言われそうです。

当たり前じゃないか、って思いますよね。そうですね。

 

もくもくとやるときにプラスすることがあります。

「なんのためにやるの?」「どうなりたい?」をイメージして

できるだけ、うれしい、に近づくようにするのです。

 

この書類を書けたら、ひとつ先につながるぞ、進むぜやった!とか

この荷物を詰めたら、引越しができるぞ、とか

この手間は家族の幸せのためだ、とか。

この上で、無心でもくもくするのです。

 

それが嫌であれば、「片付けなければどうなるか」「死ぬ15分前にどう思うか」を

想像してみてください。

(ただし、気分は下がりますよ)

 

別にいらいらしなくても、怒らなくても、悲しくならなくても、落ち込まなくても

解決できるのですから。

逆に言うと、

いらいらしたら、怒ったら、悲しくなったら、落ち込んだら

解決するのですか?ってことです。

 

必要のないネガティブな感情は、コーチングでとってしまうことができます。

とよく書きますけれど、ピンと来ない方の方が多いかもしれません。

お試しコーチングでひとつくらいは取ることができますので

ぜひ体験してみてください。お問い合わせをお待ちしています。

みなさんけっこう、びっくりされますよ。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

エラーではありません。いつぞやの空。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA