「ブルーピリオド」

「ブルーピリオド」という漫画をご存知ですか?

山口つばささんの作品で

『月刊アフタヌーン』誌に連載されているそうで、単行本もKindle版も7巻まで出ています。

 

これを、記念すべき弊社推薦図書第1号に認定いたします!

ここの登場人物(特に主人公の八虎くん)の

内省に共感したり、変化にわくわくしたり、ちょっとでも自分に置き換えることができたなら。

同じ体験をコーチングを受けることによって味わうことができるよ。

 

この作品は、美術のうんちくとか、美大を目指す青年の美術スポ根漫画、みたいな紹介をされていますが

これはうんちく漫画でも、スポ根漫画がでもないよ。

感情と環境、行動の変化、結果の変化

そういうものが丁寧に描かれています。

 

登場人物たちは、主に出会いをきっかけに変化を起こしていきますが

変化を自分自身の気づきから生まれるサポートをするのがコーチングです。

なので、このお話が好きなら、コーチングを受けても効果が出やすいと思います。

そういう意味で、弊社推薦図書なのです。

 

美術が自分は何者なのかを探していくものだとするならば

人生も、もちろんそうで。

表現するための技術が必要であるように

行動や変化にも、理屈があって、理由があるのです。

 

とりあえず1回目はドライブ感で読み通してください(まだ続いているけれど)。

わたしはこれから再度熟読します。もしかしたらネタバレ解説を書くかもしれません。

そして、「ブルーピリオド」を読んだ今だからこそ、手をつけたらいいんじゃないかか?と思ったので

「芸術・無意識・脳」(エリック・カンデル)を読み始めます

厚さ4センチもあったから積んでました(こら)。

 

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

クリムトっぽい、とたまに言われてうれしい(クリムト自身ではなく作品ね)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA