どうなりたいかを知る(ダイエットのこと)

とあるところに、丸っちい女性がいます。

もともと丸い雰囲気の人だったんですが

結婚してから貫禄が増しました。爆増です。

「幸せ太りか」とか言われながら、特に不便は感じていなかったのです。

でもまあ、ダイエットできた方がいいよなーとは、常に思っていました。

 

その丸っちい女性は、おしゃれが好きです。

そしてなまじっか洋服を作ったりもできるので、丸っちくても不便はなかったんですよね。

折しも近年はビッグスタイルが主流ですし。もともとフィットした服を着るタイプでもありません。

でもね、その丸っちい人のおしゃれのルーツは、古着なんですよ。

ヨーロッパ古着、日本の佳き時代の古着。(昔の人は小さいのです)

そんなお店は、彼女の住む街にはなかなかないのですが

ひとつだけ、見つけたんです。そして、よく足を運ぶようになりました。

そこで彼女は思いました。

「このお店で、サイズを気にせずにお買い物できたら、いいなあ」

 

 

はい、こんばんは。三木未希です。

この丸っちい人、わたしです。

 

タイトルにある「どうなりたいか知る」、

わたしの「どうなりたい」は「あのお店のお洋服を自由に着る」だとわかりました。

 

そこからやったこと。

・「なりたいイメージ」を使って、無意識のナビにスイッチを入れる

・ついつい飲みすぎ食べすぎてします好きなもの(牛乳とカルピスと自作オムライス)を、そんなに好きじゃなくする

・思い込みを捨てる(遅い時間でも家の者と一緒にごはんを食べなければならない など)

・できること、できたことに目を向ける(ストレッチとかたくさん歩いたとか)

・変化に気づく(体重、体のハリ など)

思いついたらとりあえず、わたしのコーチングで使ういろいろな手法(主にNLP)で変化させています。

一応、体重は減っていますよ。

 

よく「目的と手段をきっちり区別することは大事」と言われますね。

わたしの場合、「ダイエットしたい」は目的にならなかった、ということがわかります。

(「ダイエットする」が目的になる方も、いらっしゃると思います)

「目的」を早く見つけて、変化を早くスタートさせること。

これは、幸せな人生に必要ではないでしょうか。

 

具体的な手法や、目的を見つけること、変化することに興味を持たれた方は

ぜひ、体験コーチングをお試しください。

ダイエット関連のテーマでお試しいただいても、いい体験をしていただけますよ。

 


今日の写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる,

ポーランドでたまたま見つけた博物館。

40から50年前当時の「かわいいもの」がたくさん展示されていました。

お洋服も、いくつか。

ポッケがかわいいですね。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA