かぎしめわすれた

わはは、と笑い事ですんだ話です。

 

いやあ、近所のスーパーへお買い物に行きましてね。

雨が降っていますので、レインコートなんか着ちゃったりして

滑らない靴を履かないとなーとか(うちのエントランスは滑りやすい)思いながら

出発しました。

その日は一日中、考える系の仕事をしておりまして

道すがらも、お買い物中も、ちょっと考えたりして

 

お支払いを終えて、バッグに詰めて、さあ帰ってあれやるぞ、これやるぞ、と思いながら

カギを探しました(わたしせっかちなので、帰路につく前にカギを手に持ちます)。

 

あれ?ない。そういえば、しめた記憶もない。

 

でー、帰ってきたらドアはするりと開き、玄関の定位置にかぎがありました。とさ。

わはは。あーよかった、落としたんじゃなくて。

ということがありました。

 

わたしのコーチングは、「無意識をうまく使う」ことを手段としている、と言えるものです。

なので、みなさまに説明する際、よく

「意識しなくても、出かけるときは靴を履きますよね?」とか

「歯磨きするときに、いつものように手に取ったチューブが、洗顔フォームだったことありませんか?」とか

「今おしりが感じている感触、こう言われるまで気づきませんでしたよね?」とか

そういうたとえ話をいたしますが、その中のひとつとして

「カギをかけた記憶がなくても、たいていはちゃんと鍵かけてますよね?」

というお話を、するんです。

締めわすれたやーん(関西弁)!!!

 

わたしの無意識の弁解をいたしますと

「今日はどんな記事を書こうかなー」と考えて

安全な範囲で(超短時間お出かけでしたから!)、いいネタを作り出したんですよ。きっと。

おかげで、さらっと書けました。

ありがとよう!

 

無意識の話を聞いてみたい、無意識をうまく使ってみたい、と思われる方は

どうぞ体験コーチングをお試しください。

 


今日の写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる

帰ってきて確認したこの景色。

家の鍵に家のチャームをつけるベタさ加減です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA