うれしく褒められるためには

褒めることについての記事を半月ほど前に書きました(視力検査の話で)。

その人が持っている能力を最大限に発揮するには

褒めること(効果的な声かけ)は必要だなあ、と実感したよ、というお話でした。

 

わたしはコーチなので(かな?)、よく人を褒めますが

普通は、褒めることも褒められることも、あまりありませんよね?

わたしも、コーチじゃない人に褒められることは、あまりないです(だから記事にしたくらい)。

 

ただ、最近、コーチではない方にも褒めていただくことが多くて。うれしいなあと思っています。

わたしの無意識はいま、

・うれしい

・もっとがんばろう

・やっぱりこの道でよかったんだ

・もっとがんばりたい

・褒めてくれたこの人、好き!

・わーいわーい

くらいのことを、勝手に、超高速で考えて、進む道を決めて進んでいるはずです。

(無意識は子供のように無邪気、とよく言われます。短い言葉で、単純なことしか考えられないかわりに、超高速で勝手にまっすぐ進みますので、書き表すと、上記のような言葉になるかなーと思います。わたしが単純なあほというわけではない、ということにしておいてください・・・)

(こういう無意識のお話は、コーチングでしつこいくらいにいたします)

 

ただし、前回も書いた通り、褒め方にはコツがあります。

その人が褒めて欲しいことを、響く言葉で褒めなければなりません。

「お!前髪切ってかわいいね!」

「何ですって?バカにしているの?ムキー!」

というようなドツボにはまったことがある方もおられますよね。ご本人は褒めているのにね。

ではどうすればいいかという話は、コーチングで(特に企業コーチングで)たくさんいたします。

 

今日は、「嬉しく褒められるコツ」をひとつ、お伝えしましょう。

 

あなたがなりたい自分であるように、振舞ってみませんか? 振舞うことは、できますか?

 

これを少し意識してみると、人生があたながなりたいように変わります。

そして、人生が変わったと気づく前に、まずは嬉しく褒められるようになりますよ。

おすすめの方法です。

 

お試しコーチング受付中です。どうぞお気軽に。

 


今日の写真

今週は沿岸部に行くことが多いです。

時間があるときは、出先から横浜駅まで歩いてみようキャンペーン中。

毎回、違う道を通ります。

今日はびっくり!ここって、こんなに抜けてましたっけ?

最近、横浜が好きになってきたように思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA