べきおばけ!

少し前に、NHKのウェブサイトで「ママを苦しめる“べきおばけ”」という特集がありました。

べきおばけ、うまいこというなあ、と思いました(何様)。

わたしは子どもはいないのですけれど

友人をみていると、子どもを育てていると

多かれ少なかれ「べきおばけ」に取りつかれるものなのかなあ、と思います。

さらに、べきおばけって母と子だけの話ではなくて

社会生活を送るにあたって、どこにでも出てきているのではないかなあと思いました。

 

勉強すべき
もっと充実すべき
気を使うべき
飲み会に参加すべき
お化粧すべき
男が養うべき

はいもう、いっくらでも出てきますよね。

 

でもですね、脳みそ的には「べき」は意味がないんです。

人は感動で動く、感動しないと行動しない、と言われています。

「べき」が「したい」に変わると、一番いいです。

 

が、何でもかんでも「したい」の人、ちょっと変かもしれません。

なので

「べき」が出てきたら、いちど考えてみましょう。

だけどやっぱり必要だな、と思ったら

「◯◯する」と言うようにしましょう(とりあえず、言うだけでいいです)。

ものすごく必要だ、と思ったら

「したい!」に変える、楽に変わるお手伝いをコーチがします。

 

ご自身の整理のところからコーチはサポートできますので

なんとなく気になられたらおためしコーチングをどうぞ。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA