お金のことはわからない?

このブログには「お金のはなし」というカテゴリーがありまして

久しぶりに書いてみようかなあと思います。

チュートリアルの徳井さん(会社)が申告漏れをしていた、というニュースが世間を騒がせています。

個人的には、今年はじめて自分で確定申告したので

やらずに数年過ごせるんだ!と驚きつつ、あせって領収書をまとめ直してみたりしましたが、まあそれはどうでもよくて。

何人かの芸能人の方がコメントをされている、という日刊スポーツの記事を読みました。

 

その中で、気になったのがフットボールアワー後藤さまのコメント。

(わたしは昔テレビに出た時に、後藤さまの対応力に非常に感銘を受けたので、以来「後藤さま」と呼んで崇めております)

 

僕らは、お金のことは疎いから税理士さんにいてもらう。
(徳井さんは)お金のことはわからない、ということがわかっていない。

 

さすが後藤さま、コーチング的にも示唆に富んだコメントだなあと思いました。

 

以前の記事で、お金にはとかくいろいろな思い込みがつきまとっている、と書きました。

その思い込みにどう対応するか、その前に

まず思い込みを知る、ということが必要なんだということです。

 

本当のところは知る由もありませんが

徳井さんが「お金のことはわからない」ということに気づいていなかった、というのは

今回の件の根本なのだろうなあと思います。

 

お金にまつわる思い込みは、

稼ぐ前の段階ではものすごくプライベートなものかもしれませんが

大きなお金を扱うようになったら、自分ひとりで完結できる思い込みではありません。

ましてや、会社は公器です。

気づいていなかったことが、罪になり、世間に自分に大きな影響を及ぼします。

 

「お金に疎い」と気づいたら、「わからないわからない」が恐怖に育ってしまうかもしれませんので、なんらかの対応をしましょう。

まずね、「わからない」の思い込みは取ってしまってもいいと思います。

その上で、

プロに任せる、の他に

自分で勉強する、というのも方法のひとつでしょう。

でも、自分の本当の役割を果たすことと、お金に詳しくなることと

どちらを優先しますか?というのは

それぞれの価値基準によって変わってきます。

芸能人の方でもお金の付き合い方は人それぞれでしょ?

 

お金が上位なのか、芸(笑い)が上位なのか

両立したいのか

芸にお金がついてくるのが理想か

お金のために芸を磨くのか

なんのためにお金が必要なのか

 

こういうことをはっきり認識できるように、

コーチというプロを味方にしてもいいかもしれませんね。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

お金のプロとして資格を持った方はたくさんおられますが

お付き合いする方を間違えると、本当に犯罪に巻き込まれますので

人選びは慎重になさってくださいね!

資格があるだけに、悪い人は本当に悪質です。

前職の経験、お話しできますのでー。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA