はじめて大事

放ったらかしていたワードプレスをアップデートしたら

更新画面がおしゃれになったけれど、なんだか使いにくいのぅと思っています。

(ホームページもちょっと変になったしね←解決策がわからん)

 

と、いうのは言い訳ではなくて

人って安定したいものなのです。

普通に、または、けっこううまく、そこまでじゃなくても、できていることは

変えたくない。そういうものだそうです。

ソフトウェアのアップデートとか、本当にそうだなと思います。

 

ちょっと思い出してみてください。

会社に昔からいる庶務をやっているマダム。変えることが嫌いな人が多くないですか?

古い会社の偉いおじさんも、そうかもしれません。偉くなれたやり方を変えたくないのは自然な話です。

昔からあるしょぼい愛想の悪い喫茶店。それで成り立っているからいつまでも変わらない。

とかね。

 

コーチングでよくお伝えしていることに

「同じものを新しい目で見てみる」ということがあります。

同じように見えることでも、見方を変えたら新しい気づきがありますよ、それが、変化や成長につながりますよ、ということです。

加えて

「意識的に、はじめての体験をすること」もお勧めします。

 

わたしの古い知人の大学教授が、ひとりで「初体験学会」というものを作っておられます。

学生さんや卒業生が使っている、行っている、体験しているようなもの・ことに

できるだけチャレンジして、それをシェアされているのです。

やみくもにチャレンジしているわけでなく、機会があれば積極的に、というスタンスもとても素敵だと思いますし

それをシェアされていることが、とてもいいと思うのです。

 

反応は様々ですよ。

「さすが、◯◯先生はお若いですね!」みたいな感想もよく見かけます。

でも、これでもいいんです。

「新しいことを知る」は、知らないままより数段いい。

でもできれば、他人事ではなく自分ごととして

自分でも体験してみたいものですね。

 

人生をよりよく変化させたいならば、変化に敏感でいたいものなのです。変化のくせをつけていきたい。

はじめて体験は、変化をより感じることができますね。

 

今日ははじめての体験ができたので、こんなことを書いてみました。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

おやつ縛り、早速離脱です。

テソーミでお世話になっているBar雨で吉田和史さんライブ。素敵でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA