総論賛成各論反対

この言葉、この時期だけに

しみじみと噛み締めてしまいますねえ。

 

個人でこれが起こることはあまりないと思いますが

企業様でコーチングをさせていただくと

社内で抱えているいくつかの問題は、ここに集約されます。

(ま、各論に意見が出るだけで素晴らしいともいえます)

だいたいがコミュニケーションに不具合が出ていることが多くて

そこを丁寧に解きほぐしていく、というコーチングを行います。

 

総論に当たる部分は、いわゆる「目的」

組織を動かすには

なんのために、をはっきりさせることが必要です。

 

会社なら、目的も手段もけっこう集約されやすいんですよ。

個々人がいい生活をするため
会社のブランドを守るため
株主還元

などなど全て、いい仕事で儲ける、が手段になりますものね。

このレベルでの各論反対になりにくいです。

あとは、見せ方や伝え方をどうするか。これはトップのお仕事です。

 

政治とか、どうなのかなあ。

国民が幸せになる、で集まってくださっているといいんだけれど。

だとしても、各論では絶対に反対が出ると思うんです。

なのに

自分の利益、自党(とその周辺)の利益、みたいな人もいるだろうし。

反対することが目的、存在意義、みたいな人(集団)もいるもんなあ。

(これ、ご自身が野党よりか与党よりかで、三木に対するイメージが変わってくるはず。おもしろいよね)

 

というところで。

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

バラが咲きました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA