逃げる、諦める、忘れる

なんだネガティブではないか、と思いましたか?

一見そのように思える言葉ですけれど

これらも充分、決断を肯定する言葉です。

 

わたしたちは小学校から

「粘り強く取り組む」「辛くても頑張る」このような行動を

よし、とされてきているところがあります。

たしかに、何かを成し遂げるためには

手放さずに続けることは大事かもしれません。

 

ただし、それは「やりたいこと」のためだけです。

あー、ちょっと誤解を生むかな。

「自分を傷つけること」のために続ける必要はない。(こっちですね)

 

コーチングの現場では

不快な感情や、ちょっとしたトラウマの除去などを行いますが

その時、必ず「学び」として

次に同じことが起こった時に取るべき行動を考えます、

でもないし、行動を決めます、でもないけれど、こうしておきましょう。

「行動に気づきます」。

 

決まりごととしては、否定形を使わないということだけ(脳みそがわからないので。例えば「気にしない」とかは言い換えてもらいます)。

逃げる、も、諦める、も、忘れる、も素晴らしい気づきです。

それによって、あなたがまた新しい一歩を歩めるのですから。

 

他人からの態度で、もしゃもしゃ考えちゃっている方は

一度お試しいただいてもいいと思います。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA