道具いらないのが好き?

わたしスキーをしたことがないのです。

その最大の理由が、道具がいっぱい必要だから。

寒いとかじゃなくて、スキーをするためにたくさんの装備がいる、というのが

どうも好きじゃなくて。

 

冬のヨーロッパの街角にはスケートリンクが設けられたりしていますけれど

あんなふうに、ぺろっと楽しめる感じが好みです。

アメリカの街角のバスケットコートとかね(行ったことないけど)。

 

決してミニマリストではないんですけれど

台所道具とかも、専用のものっていうのが少ないかもしれません。

家電は完璧に原始人です。

 

そう考えると、

コーチングも手相も、特別な道具はいりません(わたしは使いません)。

まあせいぜい、コーチングではペンとメモくらいでしょうか。

手相ならよく見えるようにライトは使います。

あ、そういえば。

「虫めがねは使わないんですか?」と聞かれたことがあります。

たしかに。手相みる人って虫めがねのイメージですよね。忘れてた。

わたしは使いませーん。たぶん、使ったら酔っちゃうと思うんですよね。

 

カードとか、振り子みたいなやつとか、棒みたいなやつとか、水晶玉とか

道具を使うなら、この仕事をやっていないかもしれません。

自由に、その人と状況に合わせて、なんでもできる。

その気持ちとスキルは宝物ですし、さらに磨いていきたいと思います。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

でもかわいいものはだいすきなのさ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA