それが、うれしいか

大晦日ですね。わたしは今ごろ京都にいるでしょうか(予約投稿なので)。

うどんすきを食べて、食料調達して、宿に行く、くらいが

2018年の残りのミッションになっているはず。

でも混雑して大変なんでしょうねえ(まだ人ごと)。

みなさまいかがお過ごしですか?

 

さて。AI/IoTの時代が来るよ、来てるよ、ともう何年も言われていて

言われはじめた頃を思うと、確かに来てるよね、AIとかIoT。

最新のお話しは、今年お聞きすることができました。(「とても効率のいい人が考える 人にやさしい世界」

また、AI/IoTの時代に、人間はどう働けばいいの?という議題に関しては

いろんな人が、いろんな論を発表しておられますね。

 

わたしの仕事であるコーチの仕事も、

AIに取って代わられちゃうんじゃないの?とか(結構心配しているコーチは多い)

そういう機器、できるよって言われたり、します(技術系の人にね)。

そりゃまあ、できると思いますよ。

理論や理屈があるものは、AI化できますものね。

コーチングも人間の生理に基づいた理論なので、事例データを集めたらできると思う。

そんなこと言っていたら、まあ大体の人間の営みは機械化できるでしょうね。

進化とか進展も、機械化した方が精度高いんでは?

 

でもそこで、大切にしたいなと思うのは、

それが、うれしいか

ということ。

 

お米ができた!うれしい

今年は大漁だ!うれしい

いい磨きができた!うれしい

切削って楽しい!うれしい

注文がもらえた!うれしい

お客様が喜んでくれた!うれしい

なんと美味しいお料理!うれしい

このイヤリングきれいだわ!うれしい

話を聞いてもらえてすっきりした!うれしい

 

こういう「うれしい」がなくなるようなAI/IoTは

開発できはするけれど、実用はなされないと思うんですよね。

逆にいうと、

こういう「うれしい」を大切にしないと、人間はほろびるかも???

少なくとも、個人として

「うれしい」を大切にすることが

いい人生につながるような気がしませんか?

 

なーんて思ったりしております。

 

来たる2019年も

うれしい、たのしいを軸に、いい時間を過ごしましょう。

今年もお世話になりました。

 


今日の写真

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング

去年の今日の写真!

糸ですぱっと切る、を試しておどろいた記念。

今年はいろいろ糸で切りました。

ホールケーキも、バターも、チーズも、柔らかいパンも

包丁で切るとペタペタするものや

ぎざぎざになってしまうものは、糸で切るのおすすめ!

上から糸で押さえるように切るものと

糸を下に通して上で交差させて、くるっとちぎるようにするといいものがあります。

お大福は、くるっとちぎる式。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA