やる気になったら成果が欲しい、ですよね(上)

わたし今、とってもやる気なんです。

テンション隆の勝です。(しつこい)(Twitterで散々言っています)(親方ちゃんねる より)

やっぱり、やる気になったら、成果というか、結果というか

何かしらの実りは欲しいですよね?

 

では

コーチ的、成果の出やすい人解説!

対決方式で紹介していきます。

 

やりたいさん と なりたくないさん

これは「やりたいさん」に1票です。

でも「やりたいさん」の中に「なりたくないさん」が少しあったほうがいい。

◯◯のために、●●したい、と考えられるのが「やりたいさん」です。

□□されたく(なりたく)ないから、■■する、と思うのが「なりたくないさん」。

前者は目的を持ちやすい(幸せのために仕事したい、とかね)、目的を持つと最短のゴールを描くことができるので(そして、その人自身も最短を選びたくなりがちなので)成果が出やすいんです。

逆に後者は、もちろん「こうなりたくない(怒られたくない!とか)」を動機に進むことはできますが、あまり気分が良くなかったり(すると、もういいや、って諦めたりしがち)、推進力が弱かったりします。

耳タコ目タコネタの、「否定はダメよ」は、ここからもきています。脳みそが理解できないのです。

脳の処理として、「怒られたくない」は、まず「怒られる」に寄せてしまうのですね。

 

これ、シリーズにしましょう。

 

予告

やるやるさん と 考えるさん
違いがわかるさん と あんまり変わんないよさん

についての解説は、明日と明後日に。

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA