「基本になる横綱」

今日はオリンピックの競技が始まった日ですが

大相撲では、照ノ富士関の横綱昇進が決まった日でもあります。

お相撲に興味のない方でも、紋付袴姿の人たちが向かい合ってなんか言うシーン(昇進の伝達式といいます)を

ご覧になったことがあるかと思います。あれ、今日おこなわれました。

 

その後に行われた会見で、横綱はこう言いました。

日刊スポーツ「新横綱照ノ富士が会見「みんなの見本、基本になる横綱でいたい」/一問一答」より)

 

-横綱とは

照 今まで通りには絶対ダメですから。みんなの見本、基本になる横綱でいたいと思っています。

 

この「基本」という言葉の重みを感じたいと思います。

 

照ノ富士関は、よく「当たり前でしょ」と言います。

 

稽古するのは当たり前でしょ?
強くなりたいなら頑張るのは当たり前でしょ?
相撲をやるなら横綱を目指すのは当たり前でしょ?

(たぶんこれ、師匠の口癖が入ってると思う!)

 

インタビューでの「基本」は、この「当たり前」と同義で使っておられるのではないかなあと思います。

照ノ富士関にとっては「当たり前」「普通」のことだったとしても

ものすごいことをなさっているというのは周知のことで。(例を挙げるとキリがない)

このものすごいことを「当たり前」にできたのは

ご本人はもちろんのこと

親方やおかみさん、部屋の先輩、ご家族、関係者の方が作っていかれたのだと思います。

本当に、これはすごいことで、また稀なことでもあるでしょう。

 

ただ、「大変なこと」を「普通のこと」と思えるようにすることは

コーチングを使ってお手伝いできそうです。稀じゃなくすることができる。

そうなったら、どれだけいいでしょう。ならば、そうしましょう。(と、コーチは痛い人なので真顔で言います)

 

照ノ富士関、おめでとうございます。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA