する、か、したい、か

タイトルの結論を先に言っておくと、それを選ぶのは自分です。

 

わたしのコーチングは、ひとことで言うと

無意識を上手につかう、というのが特徴のひとつです。

(詳細はお試しコーチングを受けてね)

 

目標とか願いとかがあることに気づいて(コーチング、テソーミ)

それを気分よく自分でかなえるために

無意識をうまく使えるように、ご本人をチューニングしていく。

そういう流れで、セッションを提供しています。

 

なので、質問なども「無意識(脳)に効く」ようにしておりまして

慣れてくると、だんだんご本人で調整できるようになってこられます。

 

「脳」的には、

・・・しなければならない

よりも

・・・する

さらに

・・・したい!

の方が効きます。

 

ただ、何でもかんでも「・・・したい!」でやっていると

それもなかなか、ご本人に空回り感がでることもあります。想像できるでしょ?

 

フラットに「・・・する」ことも大切だと、わたしは思います。

 

たとえば。

お子様の算数セットのオハジキに名前を書かなければならない。

これを

「書く」で実現するか、「書きたい!」で実現するか

日々の家事を「する」のか、「したい!」のか

語学のレッスンを「受ける」のか、「受けたい!」のか

 

どちらを選ぶかは、あなた次第。どちらがしっくりくるかは、人それぞれです。

選べるようにコーチングするのは、コーチであるわたしの仕事と、あなたの行動。

選んだほうに、あなたをチューニングするのは、わたしの技術と、あなたの行動。

しかも、「気分よく」がついてきます。

 

コーチング+チューニングって、こんなことです。

 

 

この記事が200本めになるようです!

いつもお読みいただいて本当にありがとうございます。

これからも、書いていきますね。  三木未希

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA