特に目標がない子はどうなったか

でもね、泣いていた子は目標があったから、あったのに、決めつけて泣いていたんです。

わたしは特に目標のない子で(今も比較的そうかもしれません)、その時その時にやりたいことを一生懸命するタイプ。

(この話はまたやりましょう)

 

昨日こう書いたので、この話をしましょうか。

特に目標がない子はどうなったか。

 

将来こうなりたい!とか、そもそも、就職したい!が特になかったこの人の学生時代は

その時その時に興味がある、やりたいことを夢中でやりました。

おしゃれ、クラブ、卒業論文、音楽、映画、舞台、などなど

で、ふと気づくと、まわりがみんな立派にみえるぞ、と。

みんなちゃんと考えていたのねー!と感心していました。

学生運動時代の長い髪を切った人より、なっとらんですね。

 

社会人になってからもあまり変わらず

でもまあ、その時その時にとても充実していたし、完全燃焼していたし

まわりにも喜んでもらえたし

それによって、お仕事もさせていただけて、お仕事もつながって、

いいんじゃない?と思っていました。

 

ところが、

自分が思っている自分の実力と評価のバランスがよろしくないな、と思うようになったのです。

ある意味、不況のおかげです。お給料があがらない制度のおかげです。

いちど「わたしにお金か自由か、どちらかを与えてくださいませんか」と直訴したことも。(当時は副業なんてありえなかった)

いずれ、そうね40歳くらいには独立するめどが立つようにしましょうか、と

なんとなく思いました。

 

そうすると、なんとなくそんな流れができてしまい

まず、独立することになりました。39歳になる直前でした。

で、またこれもベッドで「あ!コーチだわ」とひらめいたので

その場でコーチ養成のスクールを探し(インターネットありがとう)

すぐに行ける説明会(秋始まりのスクールが多い)をいくつか予約し

いちばん実践的な師匠の講義を受けることにしたのです。

 

なんとなく、その時その時やりたいことをやっていて

それでもなんとなく、わたしが効果的に活かせること(できるけどわたしがやらなくていいこと)、好きなこと(やりたくないこと)、得意なこと(できないこと)がわかってきて

「コーチだわ」とひらめいたことで、はじめて目標らしい目標ができたのかもしれません。

と書きつつも、わたしのそれは、いわゆる「目標」としては、ぼんやりしたものです。

はっきりした目標を立ててみますけれど、あんまりぴんとこないのです。わくわくしないし、先が見えないのです。

 

こういう人よりも、絶対かなえたいことが具体的(たとえば月商◯◯円!とか)な人の方が

コーチングとしては、やりやすいのです。

だいたいのコーチは、こういうはっきりしたことを目標に設定させがちです。

でも

わたしのようにうすぼんやりとしているならば、それなりのやり方がありますのでご心配なく。

この方法を考えて教えているのは、わたしの師匠のすごいところだなあと思います。

 

自分がやりたいことは特になく

「あなたがいるとたのしくなる」と仕事相手に言っていただくことが多く

実は、極度乾燥(スーパードライ)で熱中症なわたしは

コーチに向いてると思うんですよね。

と、自分で言ってたら世話ないな。

 

 

明日は解説しましょうね。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA