やっぱり、ほめましょう

また書きますね、と言ってたことが何かあったなー、と振り返っていましたら

見つけました。(「思っていないことは言わない」

 

コーチングを受けておられる方に、自慢してください、という課題を出しますが

どう自慢したらいいのかしら?のひとつの答えとして

素直に、飾らずに自分を伝えたらどうでしょう、と提案していますが

(たとえば、わたしにはたくさんの素晴らしい友人がいます、わたしの子供はとてもかわいい、わたしはとてもがんばって勉強をした、とか)

受け手に立ったとき、それを嫌な感じだと思ったら

さて、どうしましょう、という話でした。

 

いろんな要素が考えられますが

そんな時のあなたはおそらく

今はやりの言葉で言うと「自己肯定感が低くなっちゃっているかも」と思われます。

 

自己肯定感を高くする、ということについて

本は最近たくさん出版されていますし

ブログなどで書く方も多いですが

端的にいうと、やはり「自分をほめる=自慢する」に尽きると思うのです。

 

他人は他人、自分は自分、と言い聞かせているうちは

本当に自分をほめることは難しいかもしれません。

そこはコーチングに委ねていただいて

ご自分でできることとしては、やっぱり、自分で自分を褒めましょう。

そして可能であれば、自分のできること、できたことを

飾らずに誰かに伝えてみましょう。

 

きっと、何かが変わりますよ。

 

よい週末を。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

なんでしょう、の答え。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA