ポジティブ脳

脳の仕組みをうまく使って、なりたい自分になりましょう

 

というのが、わたしのコーチングのキャッチフレーズであり

内容そのままでもあります。

人は、いつでも変わることができる。

変わるための技術を、ご提供する。

これがわたしのコーチングです。

 

技術、というのは主にNLPというもので

これは、いわゆる「脳の可塑性」を上手に使う方法です。

 

なりたい自分を認識して、脳の可塑性を使って、そんな自分になっていく

これはとてもすてきなことですが

常にいらいら、不満だらけで生きていくと、どんどんといらいらと不満が重なっていきます。(これは脳のゲシュタルト構造のせいです)

ほとんどの方は、ネガティブな人生よりもポジティブな自分になりたいですよね。

 

科学的な研究は各所でなされていると思いますが、非常に断片的であったり、恣意的な引用がなされていたりで、いまいち系統だっていないのがこの分野の弱点でもあります。

 

今日は、古い仲間というか一瞬元同僚というか、の

杉岡秀紀さん(福知山公立大学准教授)から教えて頂いた記事を紹介します。

 

不平不満を言いまくると「脳が物理的に変わる」と科学的に判明! 愚痴を言うだけで「深刻なリスク」

 

 

リストバンドの話はちょっと如何なものかと思いますが

(だってこれ、コーチングで楽に変わることができるので)

その後のマインドフルネス(または瞑想)、これはおすすめです。

わたしはガイドの資格を持っていますので、コーチングと組み合わせて、または会社での体験などをご希望の方はお知らせ下さい。

 

今日のヒント。

・できないことよりも、できることに目を向けましょう

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA