目標と過程

英語で言うたら Goal と Process ですね。別に英語で言わんでもいいですけどね。

 

大相撲初場所で優勝した徳勝龍関のインタビューで

こんな言葉がありました。

 

 「楽して勝とう」とか頭をよぎることもあったが、「だめだ、だめだ。いらんこと、余計なことは考えず、しっかり当たろう。前に出るだけでいい」と思い直した。

僕は最初から、優勝はできないと思っていた。ネガティブな意味ではなく、「できないんだから、思い切っていけばいい。番付は一番下。優勝なんて考えんなよ」と自分に言い聞かせた。いらんことだけ考えないようにしていた。

「ご当所は気合が入る」 徳勝龍、春場所への意気込み語る 一問一答 より

 

これ、おもしろいなあと思いました。

わたしはよく「できると思ったら、できる。できないと思ったら、できない」ですよ、と言ったり書いたりしていますが

徳勝龍関は、優勝はできないと思っていた とおっしゃっていますね。でも優勝された。

おいこらコーチ、と言われそうですが、そうじゃないんですよね。

 

ミソはここです。

ネガティブな意味ではなく、「できないんだから、思い切っていけばいい。・・・(略)

(つまり、しっかり当たろう。前に出るだけでいい ということなんでしょうね)

 

コーチングって、目標を決めて(決めさせられて、という人もいます 笑)、それに向かって進むサポートを受けるものです。わかりやすく言えば。

でも、日本人って、そうじゃなくても(目標がなくても)結果を出せる気質を持っているようです。

つまりそれが、過程を大切にすること。

あり方、と言えるかもしれません。

 

わたしは、コーチングを始めてすぐの方には

目標をかっちり決めるか、あり方(過程)を整えていくかを計りながら

お話をうかがうことにしています。

 

なーんて書いていますが

過程も目標だよね、と気づかれますか?

しっかり当たる、前に出る

人によっては小さく感じるこの目標を、どれだけ確実に達成するか

これは、ご本人にとっては(そしてコーチにとっても)やりがいのある大仕事です。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA