ごちゃごちゃ考えず

日本人って、よその国の人とくらべて

自分の内面と対話する(できる)人が多いそうです。

情報をキャッチするには、五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を使いますが

これと並んで、「内省」で情報を処理することが得意な人もいます。

日本人には、とても多いタイプ。

また、日本人で「内省」ができない人はほぼいないので

放っておいても「内省」してしまう、という特徴があります。

 

ということはつまり、放っておくと、なーかなか動かないんですよ。

じっくり考える、時期が来るまで待ってみる、検討する、

そんな言葉が心地よくないですか?

逆に

とりあえずやってみる、行動する、試してみる、

こんな言葉を聞くと、どきどきしちゃいません?

 

そういうものなので落ち込むことはないです。

でもそのままでは、物事は動かないですよね。

打席に立たないと、ヒットもホームランも打てません。

空振りが気づきになることもあります。これも打席に立たないと。

 

このままではいやだ、と思った方がコーチングを受けに来られますが

そういう方は、すでに「とりあえずやってみる」の回路に入っておられます。

 

回路に入るためにコーチングができること、たくさんあります。

日本人の「内省」は、遺伝子レベルかと思ってしまうくらいしっかりとしているので

徐々に、楽しく「やってみる」人に変わっていくことができますよ。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA