会社のコーチング

会社にコーチで入らせていただくと

「誰からやるか」を決めます。(全員お引き受けすることもできますが!)

だいたい、社長さんや人事の方から見て問題ありというか

物足りないなあ、と思っている方を

どうにかして、というニュアンスでお願いされることが多いです。

 

もちろん、そういう方も含めて

初期メンバーといいますか、初めの1クールにコーチングを受ける方を決めるのですが

わたしがよくおすすめしているのは

伸ばしたい方を中心にメンバーを決める ことです。

 

ご存知の方も多いと思いますが

どんな集団でも

そのうちの20%はよくできる、60%は普通、20%はできない

に分かれるそうです。

どの会社にもできる人・できない人がいるということ。

もし20%のできない層を除外したとしても、できると普通で1:3になるのではなく

2:6:2の割合でできない層が現れる、と言われています。

 

これを前提として考えると

普通、をレベルアップさせるのがいい、と気づきますよね。

特に、20%のできない層にひっぱられそうな普通の人、できない層に関わりがある普通の人を

コーチングで強くするのがおすすめです。

(できない人への対処について、考え方に気づくようなコーチングもします)

 

また、これは実感値ですが

集団の5-10%が変化すれば、周りも変化しだします。

20%が変われば、その集団は変わったと言えるくらいパフォーマンスが上がります。

10人のチームで考えたら・・・そんなに大変なことではありませんよね。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA