わかっちゃいるけど

誰かのインタビューやサクセスストーリーや科学的な理論や

研修や偉い人の言葉や、なんやかんやで

「こうしたらいい」という情報はじゃぶじゃぶと入ってきます。

 

まず、「やってみたい」と思うかどうか

そして、「できる」かどうかが大切ですが

ほとんどの情報は、「できる」つまり、あなたが行動できるように、という視点はありません。

 

これは当たり前の話で、なぜならそういう目的の情報ではないから。

では、「わたしが、できる」ようにするにはどうしたらいい?という部分は

今までは、個人の努力とかかんばりとか運とか、そういうものに頼ってこられたと思います。

 

コーチングは、そこの部分をパワフルに強化するもの。

コーチングの目的のひとつは

「できないことに対応する」です。

(他は、できることをパワフルにする、未来のためのタネを撒く、です)

 

その前に大切なことは?明日に続きます。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA