好きを好きじゃない、嫌いをそうでもない

NLPを勉強した人は、けっこう最初の頃にトレーニングを受ける技です。

とっても好きなものを、そこそこ好き、くらいにする、

たとえば

好きで好きで食べすぎちゃうもの、とか、好きすぎて辛いあの人、とか

そういうものを「好きだけど、度を超えない程度のいい感じ」におさめる技です。

食べ物なら「食べすぎちゃう」「欲しくてたまらない」が

普通に美味しく食べる、程度にできます。食べ物でよくお聞きするのが、

白いごはん、ビール、ドーナッツ、ラーメン(飲んだ後の)、アイスクリーム、チョコレート、スナック菓子、とかでしょうか。(脂肪と糖!ですねー)

「そうそうそう!」と思った方もおられるのでは?(おためしコーチングでできますよ!

依存症などの診断がつくようですとコーチの範疇外ですが、

笑って話せるくらいなら十分に対応できるかと思います。

 

これを応用して、嫌いで嫌いで仕方がないものを気にならないくらいにする、ということも

ちゃんと考えると、できたりします。
(食べたことのないもの、とか、体験したことのない危険なこと、などは、やりません)

 

わたしは、ものっすごく嫌いな奴がいまして、

そういう奴ほど、顔が思い浮かんだり するもので

嫌なことを思い出しちゃう

 

その度に、嫌だなあ、というか、

不快感、ドキドキする、足元がすくむ、血の気が引く、みたいなことを感じていました。

そいつが住んでいる地名がニュースで流れたり、電車の行き先表示で見かけたりするのも嫌だったのです。

これは不便です。とっても不便。

なので、コーチのトレーニング中に、仲間のコーチに頼んで変えました。

そいつの顔を思い浮かべると、馬鹿だなーと思うように
その地名、いいね!って思えるように

そんなことを NLPの技を使ってやりました。

(そいつを「馬鹿だなー」と思うことによって生じる不利益はない、と確認してからね)

 

今も、そいつのことは大嫌いですけれど、とても軽蔑していますけれど、

特に思い出しもしませんし、数度あいさつ程度をする機会がありましたが、その時にも「馬鹿だなー」と思うくらいで

嫌な感じとか不快感は、おもしろいくらい消えていました。

濡れ衣のその地名も、まあ特段好きな街ではありませんけれど

ニュースで見かけても「ふーん」と思うくらいになっています(結構事件が起こりがち)。

そして、このように例として挙げられる機会になってよかったな(軽蔑しているけど)って思っています(ちょっと言い過ぎました?)。

 

ということができるので、

あのむしのことも、やってみてもいいかもな、と夏が来るたびに思っています。

どうしよう。今年こそやってみるか。

だって、そのむしに対して「きゃー!」とドキドキしてやる必要は、ないんですもの。

年に1回くらい遭遇して、大騒ぎするのは不便ですもの。

淡々と処理できればいいわけで、ね。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

写真、迷いましたわー。あまり本文と関係ないものを。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA