苦労は必要か

あれですね、昨日のコラムと似ているところもあるかもしれませんが

コツコツかジャーンプか

苦労って必要ですかね?

 

今もときどき、

 

苦労したわしの方が偉い、とか

今の若いもんは苦労を知らないからダメだ、とか

若い時の苦労は買ってでもせよ、とか

 

そういうことをいう方がおられますが

ほんとに必要? それは思い込みでは? と

問いかけてみてもいいかもしれません。

(たぶん、言った人に問いかけるとめんどくさいと思うので、言われた自分に、問いかけてみてください)

 

このコラムではよく

無意識がそう思っている方へ行動する

ということを書いています。

できると思ったらできる、できないと思ったらできない、とも書いています。

たとえば、

失敗する、と思っていたら失敗する方へ

どうせできない、と思っていたらできない方へ

わたしはブスだ、と思っていたらブスに

勝手に行動して(させて)しまうのが無意識です。

 

さて。

苦労を知らない人は失敗を知らないので、思い切ったチャレンジできる、かもしれない

苦労を知らない人は努力すると叶うと信じているから、努力を惜しまない、のではないか

そう思えたら、どうでしょうね。

部下や若い人たちへの接し方が変わるかもしれませんね。

 

必要なのは、苦労することではなく成果ではないでしょうか。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA