コーチングは漫才、かも

これじゃない別の文章を書いていまして、ああ、コーチングって漫才だなあと思い

そういえば、そんなこと書いたかも、と思って検索したらありました。

思っていたより最近でした。

ボケとツッコミ

 

コーチの質問は、全てがお客様の可能性を広げるためにあります。

問題を抱えている方には、まずその荷物を降ろしてもらうこと

そして、一緒にその荷物を眺めてみること

どう処理する?こんなことできるけど、どう?みたいな提案

実際に行うワーク

これら全てが言葉でできていて

そのために言葉をどう使うか、ということに

わたしはかなり気を使っていると思います。

 

この言葉の使い方が、漫才に似ている!というコーチは少ないかもしれないけれど

いや、似ているんですよ。

あえて客観的になってみる、とか

嘘くさいくらい大げさにしてみる、とか

突拍子もないたとえ話をする、とか

突っ込まずにノルノルノル!とか

 

わたしはお笑いが、漫才が大好きなので、なんだかうれしいです。

以前、尊敬する友人に「将来、若手のお笑いの人と仕事してそう」となぜか言われたことがあるので

そのチャンスを作る?気づく?掴む?ことができるように年末年始も励もうと思います。

 

メリークリスマス!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA