内省のこと

これはあくまでも「なんとなく」なんですけど、若い世代の方が、脳を使うことを好みますね。

 

えーと、人間をいくつかのタイプに分ける、というのはいろんな指標でありますけれど

「能動型」と「内省型」という分け方もあります。

「能動型」=とりあえずやってみる

「内省型」=とりあえず考える

単純にいうと、こんな違いです。

 

脳を使うことを好む、というのは、「内省型」の特徴です。

様々なことに、まず意味づけしてしたい、言語化したい、そんなタイプです。

 

もちろんそれで上手くいくこともあるでしょう。

ただ、何かうまくいかないことがある場合、行動ができない時に

脳の中だけで「内省」して、言語化しよう意味づけしようとしても

行動には結びつきづらいです。

 

もちろん、内省に意味がないか、というとそうではないのですが

効率で考えると、

とりあえず、できることから、やってみる

こういった「能動」タイプの方が、早く解決する、楽に解決できる、という場合が多いです。

 

なので、コーチングでは

「とりあえずやってみる」ということを大事にするんですね。

 

漠然とした話になってしまいますけれど

たとえば

 

どうしても上手くいかないことがあるとき、いろいろ考える(内省)よりも、まず休んでみる(能動)方がいいですよね?

すっごいチャンスが巡ってきた時は、あれこれ悩む(内省)よりも、とりあえず引き受ける(能動)方がいいですよね?

 

と言ったら、なんとなくお分かりいただけそうでしょうか。

今回言いたいことは、こういうことです。

 

よい週末を!

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA