顔じゃないっす

昨日、大相撲の話題で「思い込みを外す」「リミッターを外す」という話題がありましたが

相撲っていいですね

今日の大相撲中継の解説でも、似たような話がありました。

 

謙虚であることは、人間関係を円滑にするためには、確かに(特に日本では)必要かもしれません。

でも、成長の足かせになることもある、という話です。

「いやー、顔じゃないですから」という言葉で片付くあれ、ですね。言ってしまうとそうなります。

 

お子さんがいらっしゃる方は、目の当たりにすることとが多いのかもしれません。

子どもは、「できない」「自分にはまだ無理」なんて思わずに、なんでもチャレンジして、できるようになります。

寝返りとか、立つこととか、走ることとか、犬と遊ぶとか、階段を登るとか

「いや、自分にはまだ無理っす」と思っている子どもは、たぶんいないと思うのです。

結果、うまくいかないとしても、「無理っす」って思わないから、いずれできますよね。

 

大人も同じで、でもだからと言って「自分できるっす」と言っているだけ、でもいいんですけれど

無意識に「できるっす」と思うように、していきたいのです。それはコーチングでできるっす。

 

よかったらおためしどうぞ。

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA