知っているか、いないか

毎週同じ時間にテレビをみる、というのができない性格なので

あまり連続ドラマは見ないのですが、今期は見ています。「ノーサイド・ゲーム」!

基本的にスポーツ好きなので、ちゃんとしたスポーツドラマは好きなのです。

(なので権力争いとか買収とか、けっこうどうでもいいかも、と思いつつ見ています)

 

弱小ラグビーチームに、素人GMとして着任した大泉洋さんの初仕事?は

監督を決めることでした。

ラグビーを知らない彼が、何を基準に人選したか。

「優勝経験があること」

チームを優勝させるために、優勝経験があることを第一条件にしたのです。

 

これはコーチングの応用でもありまして

自分自身が体験していなくても、

自分の目標(かなえたいこと、やりたいこと、なりたいようす)を実現している人を

知っているか、全く想像ができないかでは、道のりも結果も変わってきます。

もちろん、「知っている」方が、楽にたのしく、進みやすいです。

逆にいうと、かなえるための一歩としては「知っている」だけでいいんですね。

 

この「知っている」ことを使って、ご自身のチューニングも行なっていきますよ。

もし前人未到の目標をお持ちの場合は、別のやり方がありますので。ご安心を。

 

一流のスポーツ選手は

だいたいコーチ(わたしみたいなコーチね)をつけておられると思いますが

インタビューやドキュメンタリー、試合の様子などを拝見していて

「ここは誤解されているなあ」とか、「つたえきれていないなあ」とか

たまに、ちょっと合っていないのでは?とか、

伝統を大事にされているようなコーチがついているのかなあ、とか思ったりします。

 

今回の「ノーサイド・ゲーム」なども

コーチの目線でみると、

柴門監督の言動も、「強いチームを作る」という目標においては

「惜しい!」と思ったりする部分があったりして、おもしろいです。

いつの日か、ドラマの監修にコーチがついたりするのかなあ。

撮影現場のモチベーションづくりにもお役に立てそうです。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

ラグビーたのしいよ。

ところで、柴門監督役の大谷亮平さんって、竹野内豊さんとそっくりじゃないですか?

え?有名な話ですか?

わたし、先週くらいまで竹野内さんだと思って見てました。

 

8月テソーミまだ空いてます。キャンペーン中!

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, 予約

夏休み親子ワークショップも今週です

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, ワークショップ, 親子, 夏休み, 自由研究

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA