肯定と自分ごと(否定と他人ごと)

昨日、花園神社をお参りしたので

心爽やかに台所みがきをしておりましたら

コンロのエッジでざくくっと切りまして

コンロを持ち上げて腰がグキッとしています。

がんばろう。

 

さて。先日、知人と話をしておりまして

愚痴というか、いわゆる「自分下げ」のような内容を

笑い話として話してくれたのですが

一切「否定形」でなく、「自分ごと」として話されたことに

たいそう驚いた次第です。

 

わたしのコーチングを受けている方は、しばしば

「否定形を使わずに同じことを言ってみてください」とか

「じゃあ、あなたはどうします?」とか言われていると思います。

これは

脳みそ(無意識)は単純でかしこいので

否定形は処理できない、という特徴と

進んでいくためには、自分ごとに変えないと進めない、という特徴があるから、なのですが

人間はどうしても、他人ごとにしておく方が楽だったり

特に日本人は否定形が心地よかったりするために

「意識的」にクセづけをしていかないといけないのです。

(コーチングではその練習もします。クセがついたら勝手に進むんですよ。楽でしょ?)

 

この知人は、まあほんと見事に「肯定」「自分ごと」で

とっても驚きました。

そして、こういう理由で驚いた!と伝えました。

そうすることによって、知人にも新たな気づきがあったようです。

 

コーチはお酒飲んでても、ちょっとそういうタネを蒔いたりしています。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA