困難な状況での手仕事の役割

いろんなことが起こります。皆さまご無事ですか?

うわー!って散々びっくりしたら、いっぱい嘆いて、そして元気にやりましょう。

そういう変化のお手伝いは、コーチができます。

 

不安や恐怖、いくら自分の中から取り除いていったとしても

外からやってくる、ということは、わたしたちはイヤというほど体験しています。

そんな時、どうするか

いろんな人が、いろんなことを言っていますけれど

「無心で手を動かすこと」をおすすめしている人が、ここ数日も何人かいらっしゃいました。

 

これ、どうして良いのだと思いますか?

その前に、ご自分で「無心に手を動かす」ということを、やったことがある人はいらっしゃるでしょうか。

その時のことを、少し思い出してみてください。

 

編み物とか、草引きとか、本を箱に詰めるとか、栗の皮をむくとか、

あるいは、図工の時間に彫刻刀で何かを彫ったとか、木の絵を描いていて葉っぱを1枚1枚塗っていた時とか

機織りや合唱なんかも、そうかもしれません

 

そういう時は、

周りの音が聞こえているような聞こえていないような

自分が何をみているのかもよく分からないような

何も考えていないような、そうではないような

暑いのか寒いのか、どれくらいの時間が経ったのか、など

なんだかよく分からない状態に、なりませんでしたか?

 

これは、マインドフルネスの状態、瞑想の状態に近いんです。

この状態は、脳みその中を大掃除していると思ってください。雑念を流しているような状態です。

とても良く集中できる状態で、望ましいマインドに近い状態、と言われています。

 

不安や恐怖の中にいる時、無心に手を動かすといい、というのは理にかなっているなあと思います。

手を動かさなくても、マインドフルネスや瞑想なんかもおすすめです。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA