さらにマウンティングのことを考える

最近マウンティングについて考えているので、の続きです。

昨日の記事はこちらから。

マウンティングのことを考え中

仮に名付けた「しもべ」のことを書いたので、今日は「女王」のことを考えてみます。

それにしても、ここで言う「女王」のような振る舞いの女王様なんていないと思いますので

我ながら失礼な話です。すみません。

 

昨日、マウンティングは

基本的には、自分と他人を比べて自分が優位に立っていると思いたい、という人(女王と言いましょう)の態度から始まる

と仮定しました。このまま進めます。

 

「女王」はなぜ他の人より優位に立ちたいのか。

もしかしたら、

女王が優位に立っていると、周りに思わせたい。

という感覚も、同時にあるのかもしれませんね。

 

どうして「他の人はどうでもいい」と思えないのでしょう。

それはきっと、不安だからなのだと思います。

自分(の実力)に自信がないから、無理やり周りをねじ伏せて、女王すごい言わせることによって

優位性を感じて安心する、とか、

もっと単純に、ちやほやされることは嬉しいから安心する、とか。

これは、評価を気にしてしまう、という考えにもつながるものだと思います。

 

わたし「女王」だわ、でも違和感を感じるわ、と思った方、

この文章を読んで

そう言えば、過度に評価を気にしてしまうかも、と気づいた方、

それだけで、ステップアップのチャンスです。

 

わたしはわたしの実力(魅力、体力、知力、などなど)でやっていくんだ

他の人と比較する必要はない、と思えるようになるタイミングが来ました。

そうなると、きっと見えてくる世界が変わってきます。

 

どんな世界かって?

きっと、比較を超えた協力、共同で成り立つ世界です。

 

どうやったらそうなれるの?

コーチングを受けていただいたら一発ですけれど

気づいたことが、まず一歩だと思います。

マウンティングの場がSNSなら、少し離れてみるとか

対面での関係なら、やっぱりこれも少し離れてみるとか

できることからやってみてはいかがでしょう。

 

(ちょっとふんわり終わらせます)

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA