飽きるはチャンス

習慣化についての長編!が終わりまして、さて今日は何を話題にしようかな、と考えながらの投稿です。

文章書くモードなので、なんだか息をするように文字を綴っている今日この頃です。

 

習慣化(引っ張るねえ)のところでも「飽きなければ続くから、飽きないようにするにはどうしたらいいか」と少し触れていますが

「飽きること」は、悪いことではなく、変化のきっかけだったりもしますね。

どっちやねん、という声も聞こえてきそうですが

コーチの本業としては、今やっていることに飽きて、早く次のステップに進もうよ、という動きの方が自然だったりもします。

いや、別に飽きなくてもいいんですけれど、次のステップに進むタイミングがわかりやすいです。

飽きた、の他にも、違和感がある、とか、居心地が悪い、というときは

それはステップアップのチャンスかもしれません。

(もしかするとダウンの兆候かもしれませんので、そういう時に第三者であるコーチがいるって便利ですよ)

 

詳細に記すことはしませんし、これが唯一の正解だとも思いませんが

人のたどるステップを、なんとなく普遍化したような指標を、わたしたち(仲間)は師匠から教わりまして

そのステップを上がることは、たぶんほとんどの人が幸せなんじゃない?と考えられるようなものです。

(コーチングを受けている方にはお話ししています)

ある程度普遍化されているので、とある悩みを持つ人は、だいたいみんなこのステップだな、とわかったり

このステップから上がるためには、こういうことが必要、というようなことがわかっていたり

こういう動きをしたいならば、このステップから脱出した方がいいね、ということなどをお伝えできるので

コーチングに取り入れています。

けっこうみなさん納得してくださるので、いいのではないかなーと思っています。

ご興味ありましたら、おためしコーチングでそこまでお話はできないかもしれませんけれど

まずはおためしからどうぞ。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, オンライン, オンラインコーチング,

ホリデイシーズンの街は大好物です。横浜駅のニュウマン、とっても好み。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA