ほめてほめて!

先週は筆がノって一気に書いたので、なんだか久しぶりです。

夏の終わりといいますか、9月のはじまりは

なんとなく区切りというか

世間の区切りに、自分の心と体が追いつかない感じがするというか

なんかこう、心がざわざわしますね。

ゆっくりいきましょう。(4月1日には、こんな記事書いた

 

今の時代って、とかく周りから過剰な期待をされがちだと思います。

それに対する準備や投資なんかはすっ飛ばしてね。

それだけ余裕のない時代なのかなあ、という気もしますが

期待に押しつぶされそうな方も、どうやら多いような気がします。

 

そんなとき、どうします?

 

周りはみんなできている(ように見える)よ

わたしはできてない(ように思う)よ

なにから手をつけていいのか、わからない(気がする)

どうしよう、どうしよう

 

こうなりがちな方にオススメなのは

「自分ができること、できたことに目を向ける」

まず左側のように、自分を褒めてください。無理矢理でもです。

そのあと、余裕があれば、右側のように、ありがとう、を。

 

朝起きた、わたしえらい → お布団、一晩ありがとう!

息してる、わたしえらい → 肺、ありがとね!

電車乗った、わたしえらい → 運転手さん、電車を動かしてくれてありがとう!

会社に入ったぞ、よくやった → わたしの足、動いてくれてありがとう!

会社を休んじゃったら、お休みの連絡ができた、よくやった。

または、自分を守ることができた。サイコーによくやった。

 

ってね。

ちょっと変な人ですか?いいじゃないですか。別に声にしなくていいですから。

あなたのお子さまや部下の方などには、ぜひ声に出してほめて、感謝してあげてください。

 

なお、前半の(  )の中(ように見える、ように思う、気がする など)は、

だいたいが「思い込み」です。

コーチングは、これをいい感じにチューニング(調整)するのが得意なので

ご興味あれば、お試しくださいね。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

すてきね、は、使いやすい褒め言葉かもしれませんね。

なぜ家康か、といいますとね(Instagramをどうぞ!

 

9月10月のテソーミ予約はこちらから↓

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, 予約

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA