「教えてください」

大学ではたらいていた時、ちょっと変わったセクションでしたので

同僚に、企業を定年退職した専門知識を持つ人、という方が数名いました。

わたしが心の師と仰いでいる方は(いっぱいお酒飲みましたー)

旧帝大の博士号を持ち、高度成長期にメーカーで開発に従事され、マネジメントもし、

という方なのですが

ご自分の元部下くらいの年齢の教員に

「あ、それ、わたし知らないです。教えてください」と

さくっとおっしゃる方でした。

(もちろん、わたしにも「やまちゃん教えて!」と口癖のように言ってくださる方でした)

(旧姓は山田なので、やまちゃん)

 

これがとても衝撃的で。

当時、わたしはまだ若かったので、その方は40歳くらい年上なんです。

こんなに立派な方にもわからないことがあること

さらに学ぼうとなさっていること

そして、素直に教えてって言えることに、とてもおどろきました。

 

これは、わたしも真似させていただこう、と思いました。

 

また、大学の先生っていうのは究極の教えたがり屋ですので

聞きにいくと、教えてくれる。もっと先まで、または、もっと根本を教えてくれる。

いやあ、一応お金をもらっているのに

教えてください!(もちろん仕事に関わるからですけれど)って

わたしは、たくさんの先生の研究室を訪ねました。

 

学んで(わからないことは教えてもらえばいい、真似しよう)

行動して(教えてもらいにいく、知る、理解する)

そうするとね、変化が起こるんです。

 

自分の変化、一緒にお仕事をする先生の変化、仕事のやり方の変化、仕事の質の変化

そうすると、結果も変わってきますよね。

 

学んで、行動して、変化する(変化がおこる)

このことは、あらゆる出来事のどこにフォーカスしても必要なことで

さらに、いつでも誰でもできることです。

まずは、学びからはじまります。

学びがないと、変化はしません。

 

学びって言葉で、びびらないでくださいね。学びって広いですから。

わたしのように「教えてもらえばいいんだ、と気づくこと」も、立派な学びです。

 

学びを止めることは、変化も止めてしまうこと。

そうならないように、生きていきたいものですね。

 

ああそうか。

コーチングは、「あなたが行動できるようになること」をサポートするためのものです。

「どうなりたい」があって、

それぞれに「学び」をお持ちになると思います。

コーチと一緒に

これらのチェック(本当に目的に叶うか、など)をし

実際に「行動」できるようなコーチのサポートがあれば

らくらく「変化」できますね。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ

これも活版シリーズ!

上にかぶせているガラスはポーランドで買ったもの。おもーい。

彼の地では、お店のキャッシュトレイはこういう感じが多かったのですが

もう少し、まん中に向けてくぼんでいると思うんですよね。

 

テソーミ予約受付ちゅう!

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ, 予約

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA