共感 ≠ 同意

先週来、交渉のことを書いていまして、

まずは相手の話を聞くのがオススメ、と書きましたが

「共感」と「同意」がごっちゃまぜになる方っておられるなあ、それはいかん、と思ったので

ちょっとそういうことを書こうと思います。

 

コーチのスキルってたくさんあるんですけれど

「聞くこと」の訓練もたくさんします。

これって結構難しくて、

アドバイスしたがるコーチとか、お客様の話を途中で奪ってしまうコーチとか

いるんですよ(いるでしょ?)。

それは、トレーニング不足なのか、本人が気づいていないのかなんなのか。です。

 

その「聞く」トレーニングの際にいつも言われるのが

「共感すること」です。

でもそれは「同意ではない」。ということは、「反対でもない」です。

 

どうですか?おわかりいただけますでしょうか。

 

きれいな言葉で言いますと、どこまでもフラットに、という感じでしょうか。

フラットに、ゴールに近づくために。

 

お話しされている内容に

「そうそうそう!わたしもそう思う!」と

あなたが思うことは、少し横に置いておいて

また、「それは違う」と思うことには

そうですか、あなた(交渉相手)はそう思うんですね、と思う。

コーチは、そんなトレーニングを受けています。

 

これをね、そのまま実行してくださいとは言いません。

でも、「他人の意見に流されがちなの」という自覚のある方は

ちょっと頭の片隅に置いておいていただいてもいいのかも、と思います。

 

共感のない交渉は、信頼が生まれません。

信頼のない関係は、おそらく上手くいきません。

信頼は、必ずしも同意から生まれるものではありません。

少なくとも、共感から始まる関係は、まずいものではありませんよ。

 

コーチング, コーチ, 三木未希, なりたい自分になる, 企業コーチング, 手相, 手相観, テソーミ, テソーモミルコーチ,

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA